特定品梱包

「大切な思い出品、どこに梱包したか分からない!!」ご指定いただいた物を「漏れなく梱包した/どこに梱包したのか」を写真を撮って残します。日本についてからの開梱作業にも最適です。保険上の高額品は無料。

photoprinter引越前日に、日本人スタッフが貴重品の梱包にお伺いします。
梱包する前に1点づつ、お荷物を写真撮影。
その場でデジカメプリンターで写真をプリントします。
その写真に1点づつ、保険金額をご記入いただけます。

containerseal
梱包後、プラスチックの封印ボックス(形状によっては段ボール箱)にて梱包。  
(紐掛け、封蝋し、内容品について印刷した写真を外側に貼り付け)

ic reader
また非接触のICタグをつけて梱包しますので、荷物に接触することなく 読み取り装置でお荷物の確認ができます。

その後は、引越荷物を日本へ輸出。

日本に到着後の手続き; 税関検査対処となった場合は、開封し税関へ提示し、
通関後はご自宅へご配達。
税関検査とならなかった場合は、封印したままご新居へご配達いたします。 配達時も、非接触のICタグでお荷物が正しいものであることをお確かめいただいたのち、荷物に張り付けてある写真と実物を1点づつお客様と検品しながら開梱していきます。

こういう方、こういう事例におすすめです!
引越の際に、一部荷物がどこかにいってしまい発見できなくなった…
というような経験のある方や、貴重品で紛失・破損、その他ダメージがあっては困るお荷物に最適。